今後のエッセイ漫画で「うつ病」を描く件について(※ネタバレ有り)
見出し画像

今後のエッセイ漫画で「うつ病」を描く件について(※ネタバレ有り)

さて、つい数時間前に「病気で学校に行けなかった私が漫画家になるまで」の第19話を更新しました。

最後のページでわかりやすく匂わせている通り、この後の私はしばらくして「うつ病」になります。

前回の第18話を読んでいただいた方の中に「いつまで辛い展開が続くんだろうと思ってたけど、やっと少し希望が見えてきた」といったような期待を寄せてくださった方がおられたのですが、裏切ってしまってすみません。
どうしようかと思いました。

ただ、このうつ病の話は、起立性調節障害の事と密接に関わっているので、エッセイ漫画をちゃんと終わらせるには描いたほうがいいだろうと判断しました。

「裏切られた…もう辛いものは見たくない…」と思った方向けに、今後の展開を少しここに記しておきます。
無理して辛いシーンを見なくてもいいように。

ネタバレがあるので、ネタバレ嫌な人は回れ右してください。


◆◆◆


予定では22話目でうつ病の重い症状が現れ始めます。
皆の知っていることを知らない無知な私がこの先ちゃんと生きていけるのか、本当に漫画家になれるのか、などの不安が積もりに積もってうつ病になってしまいます。

そして、このうつ病が祟って、治りかけていた起立性調節障害がぶり返してしまうのですよね。
これで今も起立性の症状が少しだけ残っている体で過ごしています。

うつ病になっていなかったら、今頃すっかり元気になっていたのかな〜なんてちょっと思いますが、それはさておき。

うつ病自体は、また周りの人に恵まれたことで治っていきます。
わたしゃホント、人に支えられっぱなしです…。

この後に起立性調節障害の人たちに対してちょっとしたメッセージを書きたいと思っているので、この辺りからは読んでいただきたいですね。
24話目あたりでしょうか。

27話が最終話の予定で、漫画を描く者としてのこれからの決意を表したいと思っております。
恥ずかしがらずに描けるかな。


とてもざっくりとですが、こんな感じです。
お付き合いいただける方は、これからもどうぞよろしくお願いします。
です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
月本 千景

皆さんからの支援と応援のおかげで漫画を描けています。ありがとうござます。もっと面白い作品をお届けできるよう、これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

スッキゃねん
漫画家。オリジナルの長編・短編漫画やエッセイ漫画を置いています。お仕事のご連絡は作家エージェント会社コルク【https://corkagency.com/ 】へお願いします。